友人の助けでお金を節約した引越し

友人に手伝ってもらい、お金をあまりかけず引越しをしました

実家から離れてない場所で初めて一人暮らしをしようと思った

3年ほど前のことです。
ずっと実家で暮らしていたのですが、貯金もそこそこ出来たでの一人暮らしをしようと思い、引越しをしました。
一人暮らしの場所は実家から車で30分ほどのところで、
荷物もあまり無かったので安いと思っていました。

 

しかし、いざ引越し業者に見積もりを聞いてみたところ、
3月という時期の所為もあったのですが10万円以上するという思っていたより高い価格でした。

 

必要最低限以外は新たに購入や自分での移動を考えていたので、
しばらく考えた結果友人に手伝ってもらい自分で引越しをすることにしました。

引越し代を節約し友人と軽トラ1台ですべて済ませた

衣服や食器、身の回りの必須だと思われるのもは近所のコンビニからダンボールを無償でもらい、
自分で一つ一つ新聞でくるむといった作業をこなしました。
のんびりやっていたので一日では終わらなかったものの、節約と考えると苦ではありません。
一通り終わったら玄関にダンボールを積み、友人を呼び出しました。

 

友人にはツテで軽トラックを借りてもらい、
二人でダンボールや電化製品などの詰め込みを行いました。
自分でやると分かるのですが、電化製品等は多少傷つけても自分の責任なので気にならないのですが、
それでも詰め込む際は慎重になり、なかなか作業が捗りません。

 

あとは一人暮らしのアパートへ運ぶだけです。
元々大きな家具は持ち込んでいなかったので比較的楽だとは分かっていたのですが、
やはり自分で行うと金銭的負担は全く違います。

 

最終的に使った金額は友人にちょっとしたお礼として数千円と、その日に晩御飯を奢ったぐらいでしょうか。
こまごましたものは全て100円ショップで揃えましたので、それでも千円ほどかと思います。

 

物が多くない場合は自分で引越しを考えるのも一つの手かと思います。

 

今回は私がお世話になったサイトがこちら⇒引越し見積もり必勝法@後悔しない業者の探し方

 

追記:唯一、失敗したなと思ったのが、行った時期です。
7月の上旬だったのですが、すでに真夏並みに暑くて終わった後はぐったりでした。

 

自分たちでやる場合は春とか秋の暑からず・寒からずの時期がベストだと思います。

関連ページ

某引越し見積りサイトを利用して大変なことに…
引越しの業者探しで某見積もりサイトを利用したら深夜になっても営業の電話に悩まされた失敗談です

ホーム RSS購読 サイトマップ