引越しのお助けマン

引越しのお助けマン【こんな失敗はもう勘弁です】

待ちぼうけをくらって時間をロスした引越し

私が四国から東海という距離の引越しをした時のことです。見積もりに来てくださった営業さんはとても感じの良い方で、いろいろとお気遣いしていただいたのでその業者さんの事はかなり信用していました。

 

ところが、作業員の方はそうでもなく、当日は無駄な時間を過ごしました。

 

15時から17時の間に搬出作業に来ると聞いていたので、念のため15時から私と主人と小学生の娘の3人でじっと家に居てスタンバイしていました。

 

すでに荷造りの作業は済んでいたのでなにもすることがなく、ただボーとテレビを眺めていました。

 

当然ながら疑っていたので15時に来るとは思っていなかったのですが、なんと17時を過ぎても来なかったのです。

 

どうせ前の作業で到着が遅れているのだろうとは思ったのですが、それにしても遅れるなら遅れると一本の連絡電話をくれればいいのにと思いました。

完全に業者の選択で失敗した

さらに待ち続け、夕方18時前になっても電話が無かったので、こちらから営業所に電話をかけました。

 

営業所の人も電話応対の態度が悪く、「今向かっているところだそうです」とだけ言われました。当然その後に謝罪の言葉が続くと思い、こちらが無言でいると、失礼しますとも言わず電話を切られました・・・・・。

 

結局作業が始まったのはさらに遅くなった18時半です。急に何時間も遅れる訳が無いのだから、遅れるとわかった時点で連絡してほしいと思いました。

 

後日、搬入が済んだ時に、後でアンケート葉書が送られてくるので評価を書いて返送してほしいと言われました。上記のトラブルを訴えようと思ったのですが、結局その葉書は届きませんでした。(考えられませんよね?)

 

見積もり合わせで安かったので利用したのですが、もう絶対に二度と使いたくないです。


ホーム RSS購読 サイトマップ